ニート,1日,睡眠時間,長くなる,10時間,

ニートだと1日の睡眠時間が長くなる

ニートだと1日の睡眠時間が飛躍的に長くなってしまいます。

 

 

これは私の経験談になりますが、ニートになると1日の睡眠時間が長くなるのはメリハリのついた生活ができず、やることがなくなるからです。

 

ニート,1日,睡眠時間,長くなる,10時間,

 

 

人間はとても不思議なもので、自分のやりたいことがあったり会社に行かなければいけないという義務感があったりすれば睡眠時間は短くても平気です。しかし、ニートがニートであるのはやることがないからです。

 

 

 

やることがない人がニートになります。そういう人は家に一日中いても行動することがないため、必然的に睡眠時間が長くなってしまうのです。10時間睡眠,12時間睡眠などは当たり前になってしまいます。

 

 

私もニートだったのでよく分かるのですが、ニートというのは大変辛いものです。

 

 

 

「ニートって働かなくても良いんだし、楽でしょ。そんなことで辛いなんて言うなよ」とおっしゃる方もいらっしゃると思われますが、実は違うのです。

 

 

 

働いている方が精神的に楽です。

 

 

 

ニートをしているとやりたいことややりがいが全くないため、生きているだけで辛くなってきます。しかも将来の不安が24時間のしかかり、この先どうなるかも分からない状態なので1日の睡眠時間が長くなってしまうのです。

 

 

 

これはストレスをずっと感じているから起こる現象です。

 

 

 

睡眠時間が長くなる原因はストレスです。ストレスが溜まると睡眠時間が尋常じゃなく長くなってしまいますが、ニートは1日中精神的なストレス負担が発生しているため、それから逃げるために長時間睡眠に走る人が多いのです。

 

 

 

 

こういう人は元がロングスリーパーではないため、改善することができます。

 

 

まず、ストレスの根本となる原因を解決すれば睡眠時間を短くすることができます。私は1日10時間働くことによって睡眠時間を短縮することに成功しました。不思議と人間はダラダラしているよりも、仕事をしている方が睡眠時間は短くなるのです。

 

 

 

 

何度も言うとおり、睡眠時間が長くなる根本的な原因はストレスです。

 

 

ニート,1日,睡眠時間,長くなる,10時間,

 

 

 

ニートは生きているだけでストレスを感じます。なぜならば自分の存在が非生産的で将来性がないと確信している人がほとんどだからです。将来に対する希望があれば起きている間ずっと辛いということはなくなるのですが、ニートは明るい将来を想定することもできないので起きているだけで生き地獄だと感じてしまいます。

 

 

 

 

ストレスによってセロトニンが減少し、不足したセロトニンを分泌するために長時間睡眠になる。

 

 

 

これがニートで睡眠時間が長い人の特徴になります。そのため、睡眠時間を短くしたければサプリメントを飲んでセロトニンを補給するのが良いのですが、ニートの大半がお金を持っていないのでセロトニンを増やすのに効果的なサプリメントを購入することもできません。

 

メンタルサプリ専門店のセロトニン対策サプリ

 

 

 

 

睡眠問題の大半が精神的なストレスから発生しています。

 

 

 

私はニートに対してはこう言いたいです。「働かないと睡眠時間は短くならないよ」と。これは元ニートの私だから言えることです。ニートでいるのは幸せでもなんでもなく、生き地獄です。

 

 

 

そもそも労働から逃げてニートでいる人は心が弱い人が大半です。ストレスを感じやすい体質だからストレスに負けて睡眠時間が長くなっていると考えることもできます。

 

 

 

ニートの睡眠時間を短くしたければ働くのが一番良いのですが、ニートの大半は常にストレスを抱えており、ストレスによって脳にダメージが生じてセロトニンが不足している状態です。

 

 

セロトニンが足りないと行動する意欲もなくなります。実は働く意欲がないニートはセロトニンを補給すれば意欲が向上する可能性が高いので、まずはセロトニンを増やした後に働くことをオススメいたします。

 

 

 

セロトニンを増やせば睡眠時間は短縮することができるのです。

関連ページ

やることがないと長時間睡眠になってしまう
これは私の体験談になりますが、やることがなくてニート状態の頃睡眠時間が異様に長かったのです。人はやりたいことがないと長時間睡眠へと移行します。