長時間睡眠,やることがない,睡眠時間,増える,

やることがないと長時間睡眠になってしまう

人はやることがないと長時間睡眠になってしまいます。

 

 

長時間睡眠,やることがない,睡眠時間,増える,

 

 

ショートスリーパーの偉人は数多く存在しますが、なぜこの人達が短時間睡眠でも平気かというと「やりたいことがあるから」です。

 

 

例えば会社経営者は「会社を大きくしたい。今すぐにでも仕事をしたい」と願っている人が大半です。そういう人ほど大きな会社を創り上げることができるのですが、やりたいことがあるから短時間睡眠でも平気だと解釈することができます。

 

 

 

これは私の体験談になりますが、やりたいことがないときは12時間睡眠が当たり前でした。

 

 

 

昼夜逆転が当然で12時間前後寝る日々。これだけ睡眠時間が長いから「自分はロングスリーパーではないのか?」と疑っていたのですが、ただ単にやりたいことがなかっただけでした。

 

 

 

やりたいことが見つからないと人は長時間睡眠になってしまうのです。

 

 

 

それもそのはず。やりたいことがないということは起きている意味もなく、わざわざ短時間睡眠に移行しようとする意欲も湧かないからです。

 

 

当サイトではロングスリーパーに関する情報を記載していますが、ほとんどの人が「自分はロングスリーパーではないか?」と疑っていたり、「長時間睡眠を治したい!」と願っている人でしょう。

 

 

 

こういう人たちは向上心があるのです。

 

 

 

なぜならば向上心がなければ「ロングスリーパーを治したい!」とは思いませんから。毎日ダラダラ生活していても良いと思っていたら、睡眠時間を短くしたいとは思わないでしょう。むしろ一日中寝ていたいと思うはずです。

 

 

 

あなたはやりたいことがありますか?

 

 

 

もし、やりたいことがない場合、それが原因で長時間睡眠になっている可能性があります。やりたいことがないのに起き続けるのは物凄く難しいことであり、起きていても楽しいという実感を味わうことができません。

 

 

 

ストレスが溜まるとセロトニンという物質が減少します。

 

 

セロトニンが減少すると長時間睡眠になることが多いのです。

 

 

セロトニンは睡眠ホルモンのメラトニンの合成に必要な物質で、セロトニンが減るとメラトニンも減少しやすくなります。

 

 

セロトニンやメラトニンを分泌する目的で自然と睡眠時間が長くなってしまい、ロングスリーパーだと誤解している人が大変多いのです。

 

 

 

やりたいことがないのに起きているというのは大きなストレスになります。

 

 

 

私もニートをしていた頃はやりたいことがなかったのですが、その間は強いストレスを感じていました。

 

 

 

 

何がストレスかって、やりたいことがないから起きていてもつまらないのです。

 

 

 

短時間睡眠実践者が精力的に活動できているのは、そもそもやりたいことが見つかっているからです。長時間睡眠でやりたいことがない人の大半は、「やりたいことが見つかれば長時間睡眠は改善される」と思っています。

 

 

 

そのため、もしあなたが今の世界でやりたいことが何もない場合、まずはやりたいことを見つけることから取り組んでください。

 

 

 

そうは言っても簡単に見つからないと思います。

 

 

 

やりたいことが見つからないのはセロトニンが不足している可能性が高いです。

 

メンタルサプリ専門店のセロトニン対策サプリ

 

 

セロトニンが不足していると何をやってもつまらなく感じるため、セロトニンをしっかり補給すれば思考もポジティブになってやりたいことが見つかるようになります。