ロングスリーパー,長時間睡眠,1日10時間以上,睡眠時間,とる,

ロングスリーパーは1日10時間以上の睡眠をとる人のことを指す

ロングスリーパーの定義は決まっています。

 

 

ロングスリーパーは、「1日10時間以上の睡眠を必要する人」のことを指します。

 

 

ロングスリーパー,長時間睡眠,1日10時間以上,睡眠時間,とる

 

 

こういうことを言うと必ず現れます。

 

 

「あ! 私は1日10時間以上寝ているからロングスリーパーだ!」という人が……。

 

 

実際の話、ロングスリーパーは全人口の10%から5%程度しか存在しませんし、10時間以上の睡眠を必要とする人の割合は全体の1%未満だと言われています。

 

 

つまり、本物のロングスリーパーは非常に少ないのです……。当サイトに訪れてる人の100人中99人は「ただ単に質の高い睡眠が取れていない人」です。

 

 

私もよくあるので人のことを言えないのですが、どうしても睡眠時間が長い状態が続いてしまうと自分がロングスリーパーではないかと疑います。

 

 

 

ただ、ロングスリーパーだと疑っている人の99%は「質の高い睡眠」をとれば短時間睡眠や通常睡眠でもやっていけるので、本物のロングスリーパーは非常に少ないのです。まずはこの事実から理解しなければいけません。

 

 

 

 

本物のロングスリーパーは絶対に1日10時間睡眠が必要な人を指します。

 

 

 

「たまに1日10時間以上寝てしまう」という人はロングスリーパーではありません。ロングスリーパーではないのでいくらでも改善する余地はあるのです。

 

 

絶対に1日10時間寝ないと無理だ。やっていけない。という人がロングスリーパーです。

 

 

 

 

ここがポイントです。

 

 

たまに「10時間以上寝てしまう」のと、「1日に絶対10時間以上の睡眠が必要」というのは天と地の差があります。

 

 

具体的に申し上げると1日10時間以下の睡眠でもやっていけた経験がある人はロングスリーパーではありません。そういう人が1日に10時間以上の睡眠をとってしまうことがあるとすれば、それは疲労が蓄積されているかただ眠りの質が悪いだけです。

 

 

 

ロングスリーパーは治りません。

 

 

 

ロングスリーパーは体質の問題なので治すことができません。ただ、睡眠の質が悪かったり疲れが溜まって1日10時間以上寝てしまったりする人は、そもそもロングスリーパーではないのでいくらでも治すことができます。

 

 

 

1日10時間以上の睡眠をとらないといけないロングスリーパーはどんな症状が出るの?

簡単に説明すると、以下の症状が出やすくなります。

 

・思考力が低下し、何も考えられなくなる

 

・集中力が極端になくなる

 

・記憶力が低下し、覚えるのが難しくなる

 

・イライラが続く

 

・日中に異常な眠気が発生する

 

 

 

これらの症状に当てはまる人もいるかもしれませんが、99%の人がただ単に深い休息がとれていないだけです。

 

 

「深い眠りをとればロングスリーパーは改善することができる」と述べる人もいらっしゃいますが、改善されません。改善されるとすればその人は元々ロングスリーパーではなかったというだけです。

 

 

そして、そういう人がほとんどを占めるので安心してください。

 

 

 

はっきり申し上げるとロングスリーパーは激レアな存在なのです。特に1日10時間以上の睡眠を必要とする人は人口の1%というデータを見れば分かる通り、物凄くレアです。

 

 

大抵の人が「疲れ過ぎで1日10時間以上寝てしまうときがある」というだけで、1日10時間以上の睡眠が必要というわけではないのです。

 

 

 

たまに長時間睡眠をしてしまう人はサプリメントを飲みましょう。深い眠りを獲得すれば睡眠時間を短くすることができます。

 

メンタルサプリ専門店【リラクミンシリーズ】

関連ページ

ほとんどの人がロングスリーパーではない
ロングスリーパーということで悩んでいる人は多いのですが、実際は殆どの人がロングスリーパーではありません。
休日のみ長時間睡眠になる人はロングスリーパーではない
休日だけ長時間睡眠になってしまう人はいらっしゃいます。そういう人はロングスリーパーではなく、睡眠不足症候群である可能性が高いです。
ロングスリーパーは人口の10%から5%程度
ロングスリーパーは人口の10%から5%程度しかいません。ロングスリーパーだと思っているほとんどの人はロングスリーパーではないのです。