ロングスリーパー,長時間睡眠,ストレス,通常の人,

通常の人もストレスを抱えるとロングスリーパーになる!

通常の人もストレスを抱えるとロングスリーパーになります。

 

ロングスリーパー,長時間睡眠,ストレス,通常の人,

 

睡眠時間が長くなる最大の原因はストレスです。逆に言えばストレスさえ抑えれば「睡眠時間は短くても平気になる」のです。

 

 

 

恐らく、自分はロングスリーパーだと疑っている人のほとんどがただストレスが溜まっているだけだと思います。その証拠に毎日9時間以上の睡眠を必要としているわけではなく、たまに9時間以上の睡眠を取ってしまう人がほとんどではないでしょうか。

 

 

 

それはロングスリーパーではなく、ストレスと疲れが溜まっているだけです。

 

 

 

本物のロングスリーパーはストレスや疲れは関係ありません。1日9時間以上寝ないと絶対に体が持たないのです。ただ、普通の人はどうしても頑張らなければいけないときは9時間以下の睡眠でも持つため、ロングスリーパーではないのです。

 

 

 

ロングスリーパーか否かを判別する研究はまだ未発展な状態で、しっかり研究されているとは言えません。なぜ研究が未発展なのかといえばロングスリーパー人口がとても少ないからです。

 

 

 

はっきり申し上げると、今自分がロングスリーパーだと疑っている人のほとんどがロングスリーパーではありません。

 

 

通常の人が多くのストレスを抱えると睡眠時間が長くなることはあります。ただ、これは生粋のロングスリーパーではないのでいくらでも改善することができるのです。

 

 

 

溜まったストレスを睡眠で解消するのは通常の人でもあることです。

 

 

例えば毎日仕事をしているとクタクタになって疲れてしまいます。先が見えない生活が続いているとストレスも蓄積され、その結果長時間睡眠の毎日が続くというのはよくあることです。

 

 

なんで普通の人でも、ストレスを感じると長時間睡眠になるの?

精神的なストレスが溜まっているからです。睡眠時間の長さは脳の疲労度で決まるという研究結果が出ています。

 

ロングスリーパー,長時間睡眠,ストレス,通常の人,

 

 

ロングスリーパーに繊細な人やストレスを感じやすい人が多いのは、理論的に正しいのです。なぜならばストレスを感じて脳の疲労が蓄積されるから長時間睡眠になるという図式が成立しますから。

 

 

 

そう、長時間睡眠の原因は脳の疲労です。

 

 

 

例えば一日中知的労働をしている人や、ストレスが溜まって脳の負担が大きくなってしまう人はほぼ確実に長時間睡眠になります。

 

 

 

逆に言えば一般の人が短時間睡眠へと移行したければ「ストレスを感じにくい体質になる」のが重要なんですね。

 

参照URL http://xn--kjv888atfsu599i.com/

 

 

 

ストレスが睡眠時間の長さを決めていると思ってください。

 

 

 

ストレスに強い人は睡眠時間が短いです。楽天やソフトバンクの社長などは短時間睡眠を実践していますが、成功している経営者は皆精神的にタフです。精神的に強いということはストレスに強いという意味であり、ストレスに強いから短時間睡眠でも平気なのです。

 

 

ストレスに強くなりたければ性格を変えるのが一番です。

 

 

 

 

しかし、実際には性格を変えるのはとても困難で、無理難題と言っても過言ではありません。簡単に性格を変えられたら誰も苦労しないのです。

 

 

 

 

そのため、簡単に変えることができて睡眠時間を短縮する方法を伝授します。

 

 

 

 

それは深い睡眠を取ることです。

 

ロングスリーパー,長時間睡眠,ストレス,通常の人,

 

 

先ほど、睡眠によって脳の疲労が回復すると解説しましたが、もっと詳しく解説するとストレスによって傷ついた脳を回復するのはノンレム睡眠です。

 

 

睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠の二種類が存在し、ノンレム睡眠は深い眠りです。深い眠りの時間を取っていればいるほどストレスが解消され、脳の機能も回復するのです。

 

 

 

そのため、ノンレム睡眠の時間を長く取ればレム睡眠の時間を減らすことができるので、結果的に全体の睡眠時間が減少します。

 

 

 

 

寝すぎてしまう人は効率の良い睡眠を取っていないのです。ノンレム睡眠をほとんどとっておらず、レム睡眠の時間が長いから睡眠時間が長くなってしまうのです。

 

 

ストレスを感じやすい人は脳の疲労を回復するのに時間がかかるから長時間の睡眠を必要とする意見がありますが、これは正しくもあり間違いでもあります。

 

 

 

 

質の高い睡眠を取れば短時間睡眠でも脳の疲労を回復することは可能です。

 

 

 

むしろストレス解消という意味で言えば短時間睡眠の方が良いのです。あなたも経験があるかもしれませんが、1日に10時間以上の睡眠をとると起きたときにがっかりします。

 

 

「また自分はこんなに長く寝てしまった……。なんてダメな人間だろう」と自己嫌悪に陥るのです。これもストレスを溜める原因になります。

 

 

 

しかし、6時間程度の短時間睡眠を実施してすっきり起きることができれば自分を責めることがなくなりますし、自由時間が増えます。

 

 

 

自由時間が増えると自分のやりたいことを行うことができるようになりますし、好きなことができる時間が増えるのでますますストレスは解消しやすくなります。短時間睡眠を実践している人は「自由時間が多いから起きている間にストレスを解消することができ、短時間睡眠を続けられる」という好循環が巻き起こっているのです。

 

 

 

この好循環を自分にも取り入れればロングスリーパーから抜け出すことができます。

 

 

その解決方法が「セロトニンの原料を補給してストレスを解消すること」です。

 

 

 

セロトニンはストレス負担が多くなればなるほど減少する脳内物質で、セロトニンが不足するとイライラしたり物事を悲観的に見るようになったりして睡眠時間が長くなります。

 

 

セロトニンが不足した状態で寝ても深い眠りを味わうことはできません。

 

メンタルサプリ専門店♪夜ぐっすりしたい方へ

 

 

そのため、睡眠時間が長くて困っている人は「質の高い睡眠」を追求してください。セロトニンを補給すれば質が高くて短い睡眠でも平気である可能性が高くなります。

関連ページ

ほとんどの人がロングスリーパーではない
ロングスリーパーということで悩んでいる人は多いのですが、実際は殆どの人がロングスリーパーではありません。
休日のみ長時間睡眠になる人はロングスリーパーではない
休日だけ長時間睡眠になってしまう人はいらっしゃいます。そういう人はロングスリーパーではなく、睡眠不足症候群である可能性が高いです。
ロングスリーパーは治せない
ロングスリーパーは治せないのが基本です。しかし、ロングスリーパーだと疑っている人の大半がロングスリーパーではありません。
ロングスリーパーは人口の10%から5%程度
ロングスリーパーは人口の10%から5%程度しかいません。ロングスリーパーだと思っているほとんどの人はロングスリーパーではないのです。
ロングスリーパーは1日10時間以上の睡眠をとる人のことを指す
ロングスリーパーは1日10時間以上の睡眠をとる人のことを指します。しかし、実際は10時間以上の睡眠を毎日必要としている人は少ないのです。