ロングスリーパー,治療方法,ない,

ロングスリーパーの治療方法はない

残念ながらロングスリーパーの治療方法はありません。
ロングスリーパー,治療方法,ない,

 

しかし、長時間睡眠をとっている人の全てがロングスリーパーとは限りません。そもそも医療機関で診察を受けても自分がロングスリーパーと診断される可能性は低いのです。

 

 

 

なぜならばロングスリーパーだと断定する手段は見つかっていないからです。

 

 

 

人口の10%から5%の間でロングスリーパーがいることは確認されていますが、どういう人が生粋のロングスリーパーなのかは今の医療技術では分からないままです。そのため、自分がロングスリーパーというのも思い込みである可能性が高く、大抵の人は質の高い睡眠を取れば治ります。

 

 

 

ロングスリーパーの治療方法はありませんが、ただ睡眠時間が長い人の治療方法は存在します。

 

 

 

私が行った中で効果があった治療方法をご紹介させて頂きます。

1.食事はあまり取らない

私は1日1食生活を続けたら無駄に長い睡眠時間を改善することができるようになりました。

 

ロングスリーパー,治療方法,ない,

 

睡眠時間が長い人は胃を休める時間が少なかったりするんですよ。これは意外と盲点です。

 

 

 

これはもう実証されているのですが、1日3食とると常に消化器官がフル活用されている状態なので胃が休まる暇がありません。胃を休めることができないと体全体が「食べ物の消化」にエネルギーを使用してしまうため、食事を取り過ぎると睡眠時間が増えます。

 

 

 

実際に私がそうでした。

 

 

 

1日3食が一番健康なのだと盲信していましたが、1日3食生活を続けていると自分でも驚くくらい睡眠時間が長くなってしまうのです。

 

 

 

しかし、仕事が忙しくなって1日1食生活を続けると睡眠時間が短くなっても平気だと感じることが多くなりました。

 

 

そのため、1日3食生活を続けている人は1食減らしてみてください。できれば1日1食生活が胃を休めて体の負担を減らすのに良いのですが、それが厳しい人もいらっしゃると思うので1食減らすだけで構いません。

 

 

 

これだけで物凄く睡眠時間が変化しますよ。1日1時間睡眠時間が短くなったら1年間で365時間も自由時間が増えますからね。やる価値はあるかと。

2.やりたいことを見つける

やりたいことが見つかると睡眠時間は短くなります。

 

 

私は仕事に熱中するようになってから驚くほど睡眠時間が減りました。やりたいことがないと睡眠時間が長くなってしまいます。

 

 

 

なぜならば起きていても楽しくないからなんですね。
ロングスリーパー,治療方法,ない,

 

 

しかし、ゲームでも仕事でも何でも良いので自分の好きなことを見つけると睡眠時間を簡単に減らすことができますよ。やりたいことがないと寝ることが1番の趣味になってしまうので睡眠時間が長くなる傾向があります。

 

 

 

 

そのため、やりたいことを見つけるのはとても大切です。

 

 

 

やりたいことがあっても睡眠時間が長い人はただ単に深い睡眠を取れていないか、ストレスでセロトニンが破壊されている可能性が高いです。

 

 

ただ、やりたいことがあって自分の好きなことに取り組んでいればストレス負担も軽減されます。やりたいことを見つけるのはストレスを減らして深い睡眠を取るのにとても良いのです。

3.セロトニンを摂って質の高い睡眠をとる

長時間睡眠者の大半はストレスに弱いです。
ロングスリーパー,治療方法,ない,

 

ストレスに弱いからセロトニンが破壊されてしまいます。セロトニンが破壊されるから質の高い睡眠が取れず、長時間睡眠になってしまうというパターンがほとんどです。

 

 

 

正直言ってこれが全ての原因ではないかと思います。

 

 

ロングスリーパーの性格を調べれば分かるのですが、ロングスリーパーの大半は思慮深くてストレスに弱い人が多いです。対人関係も苦手な人がほとんどです。

 

 

 

 

ストレスが溜まりやすい性格だから睡眠時間が長くなるというのは本当です。

 

 

 

私も対人関係でストレスを溜めたときは異様に睡眠時間が長くなります。そういうときはマインドガードDXを飲んでセロトニンを増やし、質の高い睡眠を取るように心がけています。

 

 

「マインドガードDX」

 

 

 

セロトニンを増やすだけで睡眠時間の長さは解消できる可能性があります。自分がロングスリーパーか否か確かめるためにも、セロトニンを増やすことをぜひチャレンジしてみてください。

関連ページ

ほとんどの人がロングスリーパーではない
ロングスリーパーということで悩んでいる人は多いのですが、実際は殆どの人がロングスリーパーではありません。
休日のみ長時間睡眠になる人はロングスリーパーではない
休日だけ長時間睡眠になってしまう人はいらっしゃいます。そういう人はロングスリーパーではなく、睡眠不足症候群である可能性が高いです。
ロングスリーパーに多い性格
ロングスリーパーは基本的に悲観的でストレスを溜めやすい人が多いです。
ロングスリーパーは治せない
ロングスリーパーは治せないのが基本です。しかし、ロングスリーパーだと疑っている人の大半がロングスリーパーではありません。
ロングスリーパーは病気ではなく障害?
ロングスリーパーは病気ではなく障害と言った方が正しいでしょう。なぜならば障害は治せないからです。
ロングスリーパーを改善することは可能なのか?
ロングスリーパーを改善することは可能なのでしょうか?ロングスリーパーを改善する方法を解説しています。
ロングスリーパーは人口の10%から5%程度
ロングスリーパーは人口の10%から5%程度しかいません。ロングスリーパーだと思っているほとんどの人はロングスリーパーではないのです。
通常の人もストレスを抱えるとロングスリーパーになる!
通常の人も大きなストレスを抱えるとロングスリーパーになってしまいます。
ロングスリーパーは1日10時間以上の睡眠をとる人のことを指す
ロングスリーパーは1日10時間以上の睡眠をとる人のことを指します。しかし、実際は10時間以上の睡眠を毎日必要としている人は少ないのです。