ロングスリーパー,長時間睡眠,基礎知識,睡眠不足症候群,

休日のみ長時間睡眠になる人はロングスリーパーではない

これは私も同じタイプだったのですが、休日のみ長時間睡眠になってしまう人がいらっしゃいます。

 

 

ロングスリーパー,長時間睡眠,基礎知識,睡眠不足症候群,

 

 

 

 

そういう人はロングスリーパーではなく、「睡眠不足症候群」である可能性が高いです。平日に仕事の疲れが溜まってしまい、土日にまとめて寝るというのは休日のみ長時間睡眠を取っている人の特徴になります。

 

 

 

睡眠不足症候群は仕事や勉強などで平日が忙しかったり、夜更かしをする機会が多い人がかかりやすい病気のことを指します。

 

 

いや、病気というのは言い過ぎかもしれませんが、睡眠不足症候群はロングスリーパーと違って簡単に治すことができます。

 

 

 

休日のみぐっすり寝てしまう人は簡単に改善できる方法があります。それは睡眠の質を上げることです。

 

 

 

 

そもそも休日や週末に多くの時間を睡眠に費やしてしまう人はストレスが溜まっている可能性が大です。

 

 

私もそうだったのではっきりしたことが言えるのですが、「日々の仕事の疲れを休日にまとめてとる」という人は絶対に存在します。それがいわゆる寝だめというものであり、寝だめをしてストレスを解消する人は確実にいらっしゃいます。

 

 

 

私も平日は忙しくて6時間睡眠であることが大半だったのですが、その代わり休日に15時間くらい寝るのが普通でした。そのせいで自分はロングスリーパーではないかと疑っていたのですが、そんなことはなかったのです。

 

 

 

ただの睡眠不足症候群です。

 

 

 

睡眠不足症候群の人ほど自分をロングスリーパーではないかと疑います。

 

 

 

確かに休日などの睡眠時間が10時間を超えてしまうと自分はロングスリーパーではないかと疑う気持ちは分かりますが、本物のロングスリーパーは全人口の1割から0.5割程度しかいないので、自分を特別だと思いすぎです。

 

 

 

これは自分を批判している文章です。

 

 

 

恥ずかしながら私は「自分は絶対にロングスリーパーだ!」と確信していました。しかし、蓋を開けたらただの睡眠不足症候群で、質の高い睡眠をとったら見事に治ってしまったのです。

 

 

休日のみ長時間睡眠になる人の特徴は以下のようなものがあります。

 

 

 

 

1,ストレスが溜まりすぎている

 

ロングスリーパー,長時間睡眠,基礎知識,睡眠不足症候群,

 

これはとても大きな原因として考えられます。

 

 

そもそも睡眠時間が長くなってしまう原因はセロトニン不足にあります。セロトニンが不足する原因はストレスであり、ストレスが増えれば増えるほどセロトニンが減少して睡眠時間が伸びます。

 

 

 

睡眠時間が伸びるというのもセロトニンが不足し、溜まったストレスを解消する働きがあるからです。ロングスリーパーはストレスを溜めやすい人が多いと言われていますが、休日のみ長時間睡眠になっている人も日頃のストレスを溜めていると解釈することができます。

 

 

 

溜まったストレスを睡眠で解消しようとするから長時間睡眠になってしまうのです。

 

 

 

そして休日寝すぎて「休みの日なのに何もできなかった……」と自己嫌悪に陥るのが休日だけ長時間睡眠になってしまう人の特徴になります。

 

 

 

こういう人は質の高い睡眠を普段からとり続ければ治すことができます。

 

 

平日のストレスが蓄積してしまうのは本当に質の高い睡眠をとっていないからです。眠りが浅いレム睡眠の時間が長いから休日にまとめて睡眠時間が伸びてしまうのです。

 

 

こういう人は安眠を目的としたサプリメントを摂取すれば解決する可能性があります。

 

メンタルサプリ専門店のセロトニン対策サプリ

 

 

 

 

2,平日は慢性的な睡眠不足が生じている

 

 

ロングスリーパー,長時間睡眠,基礎知識,睡眠不足症候群,

 

これは忙しい人によくある例です。

 

 

 

平日忙しいと睡眠時間が減ってしまうのはよくあることです。減り続けた睡眠時間を解消するために休日に長時間睡眠をとってしまうのが「寝だめ」であり、これは睡眠不足を解消するしか方法はありません。

 

 

 

 

「でも、睡眠時間が足りないのはどうすることもできないし……」という人もいらっしゃいのす。

 

 

 

大丈夫です。

 

 

 

 

睡眠で大切なのは時間ではありません。質です。質の高い睡眠をとれば極端な話、1日3時間でも十分活動することができます。

 

 

世の中にはショートスリーパーで活発的に活動できている人がいらっしゃいますが、あの人たちは質の高い睡眠をとっているから睡眠時間が短くても平気なのです。

 

 

 

逆に休日だけ長時間睡眠になってしまう人は「睡眠の質が悪い」と考えるのが賢明です。

 

 

睡眠の質を上げたければセロトニンを補給するのが一番良いのです。セロトニンを補給することによって長い睡眠時間が短くなったという報告もあるため、試してみることをオススメいたします。

 

メンタルサプリ専門店♪天然メラトニンで、ぐっすり休息★

 

 

 

3,疲労が蓄積している

 

 

ロングスリーパー,長時間睡眠,基礎知識,睡眠不足症候群,

 

蓄積疲労も睡眠時間が伸びる大きな原因になります。

 

 

休日だけ長時間睡眠になってしまう人は蓄積疲労が大きく関係しています。日々の仕事の疲れや学業の疲れが休日にドッと出て10時間以上寝てしまうということがよくあります。

 

 

 

これは溜まった疲労を解消するために脳が身体に命令しているのです。

 

 

 

あなたは疲れが溜まって起きれなかったことがありませんか?

 

 

これがまさしく疲労が原因で長時間睡眠になっている典型的な例です。なかなか疲労が取れなかったり、ストレスが残ったりしている場合は質の高い睡眠を普段からとるしかありません。

 

 

逆に言えば質の高い睡眠を平日もとり続けていれば「休日だけ睡眠時間が長くなる」という現象からおさらばすることができるのです。

 

 

 

 

休日のみ長時間睡眠になる人はロングスリーパーではありません。

 

 

 

ロングスリーパーは毎日9時間以上寝なければどうしようもない人のみを指すので、休日だけ睡眠時間が長くなる人はほとんどの場合「疲労が溜まっていたり、良質な睡眠がとれていないだけ」です。

 

 

 

休日だけ長時間睡眠になってしまう人はストレスが原因でセロトニンが不足している可能性が高いので、できるだけセロトニンを補給するように意識してください。

関連ページ

ほとんどの人がロングスリーパーではない
ロングスリーパーということで悩んでいる人は多いのですが、実際は殆どの人がロングスリーパーではありません。
ロングスリーパーは人口の10%から5%程度
ロングスリーパーは人口の10%から5%程度しかいません。ロングスリーパーだと思っているほとんどの人はロングスリーパーではないのです。
ロングスリーパーは1日10時間以上の睡眠をとる人のことを指す
ロングスリーパーは1日10時間以上の睡眠をとる人のことを指します。しかし、実際は10時間以上の睡眠を毎日必要としている人は少ないのです。