ロングスリーパー,人口,10%,5%,少ない,

ロングスリーパーは人口の10%から5%程度

ロングスリーパーは人口の10%から5%程度しかいません。

 

 

ロングスリーパー,人口,10%,5%,少ない,

 

出典 ロングスリーパー体質は治療できないけれど、別の病気がひそんでいる可能性もある

 

 

 

このデータを見るとつくづく感じるのですが、「ロングスリーパーだと思っている正常の人」が多すぎる気がします。

 

 

人口の10%から5%というのは相当な低確率です。

 

 

 

しかも10時間以上の睡眠を必要とするロングスリーパーは人口の1%というデータが出ているため、本物のロングスリーパーは相当少ないことになります。

 

 

 

多分、自分はロングスリーパーではないかと悩んでいる人は「たまに10時間以上寝てしまう人」ではないでしょうか。

 

 

 

実際に私がそうだったのですが、私は自分のことがロングスリーパーだと確信していました。アインシュタインはロングスリーパーだったのですが、はっきり言ってロングスリーパーで自慢できることは何一つありません。

 

 

 

ロングスリーパーというだけで通常の人よりも多い睡眠時間が必要となりますし、逆に言えばロングスリーパーであるだけで活動時間が短くなるから不利ということになります。

 

 

本物のロングスリーパーだったら大変です。

 

 

 

治しようがありませんから。

 

 

 

しかし、疲労が溜まっていたり睡眠の質が悪くて長時間睡眠になっている人は治すことができます。質の高い睡眠をとるだけで睡眠時間を短くすることが可能です。

 

 

私は声を大にして言いたいのですが、自分がロングスリーパーだと決めつけないで「ストレスや疲労が溜まって睡眠時間が短くなっているだけではないか?」と一度疑ってみることをオススメいたします。

 

 

セロトニンを補給したら長時間睡眠が改善されたというケースも多いのです。

 

メンタルサプリ専門店のセロトニン対策サプリ

関連ページ

ほとんどの人がロングスリーパーではない
ロングスリーパーということで悩んでいる人は多いのですが、実際は殆どの人がロングスリーパーではありません。
休日のみ長時間睡眠になる人はロングスリーパーではない
休日だけ長時間睡眠になってしまう人はいらっしゃいます。そういう人はロングスリーパーではなく、睡眠不足症候群である可能性が高いです。
ロングスリーパーは1日10時間以上の睡眠をとる人のことを指す
ロングスリーパーは1日10時間以上の睡眠をとる人のことを指します。しかし、実際は10時間以上の睡眠を毎日必要としている人は少ないのです。