人,睡眠時間,何時間,適切,

人の睡眠時間は何時間が適切なのか?

人の睡眠時間は何時間が適切なのでしょうか?

 

 

実は日本人の睡眠時間はどんどん減少し続けており、日本人の大半が短時間睡眠を行っていると捉えることができます。

 

 

人,睡眠時間,何時間,適切,

 

出典 http://www.kaimin.info/part/dictionary/di04.html

 

 

上記のグラフを見て欲しいのですが、年代によって睡眠時間にばらつきがあるのがわかります。

 

 

仕事が忙しい30代が最も睡眠時間が短くなる傾向がありますが、この平均データより睡眠時間が長い人は質の高い睡眠を取る努力をした方が良いです。

 

 

 

睡眠時間は人によってかなり差があるのは事実であり、1日3時間睡眠でも平気の人もいれば1日10時間以上寝なければどうしようもないという人もいらっしゃいます。

 

 

 

実は、長く眠る人も脳の睡眠であるノンレム睡眠の時間は短時間睡眠の人と変わらないのですね。

 

 

 

だからこそ質の高い睡眠をしっかり取っている人の方が有利なのです。ロングスリーパーは質の高い睡眠をしっかり取れていません。質の高い睡眠を取る時間が少ないから量でカバーしてしまうのです。

 

 

 

そのため、睡眠時間が長くなる傾向があります。

 

 

 

睡眠時間が短い人は逆なんですよ。質の高い睡眠を取っているから睡眠時間が短くても活発的に行動することができるのです。

 

 

ほとんどの人がロングスリーパーではないため、質の高い睡眠さえ取れば長時間睡眠から脱することができるのですね。

 

 

 

「人の睡眠時間は何時間が適切なのか?」という問いに関しては「人によります」と答えるのが正しいのかもしれませんが、正確に言えば質の高い睡眠を取れば3時間睡眠でも大丈夫です。

質の高い睡眠とは一体何なのか?

そもそも質の高い睡眠とは一体何なのでしょうか?

 

 

簡単に解説すると、質の高い睡眠とは「朝起きた後に疲れが残っていない睡眠」です。

 

 

 

実は質の高い睡眠を取れている人は寝たら疲れがしっかり取れていることが多いのですね。疲れが完全に抜けきっているからぐっすり眠ったという満足感を得ることができますし、睡眠というのは質が一番重要なんです。

 

 

 

睡眠時間を長くするのはあまりオススメできません。

 

 

 

質を量でカバーするというのは睡眠に関しては向いていないのです。なぜならば1日の時間は24時間と決まっており、寝る時間が長くなればなるほど自分の活動時間が減ってしまうからです。

 

 

 

正直に申し上げてロングスリーパーってハンデを背負っているのと同じなんですよ。

 

 

 

人よりも睡眠時間が多いから活動時間が減ってしまう。活動時間が減ると仕事をする時間を確保するのが難しくなってしまうため、質の高い睡眠を取って短時間睡眠に移行するのが一番良いのです。

 

 

 

ロングスリーパーだから睡眠時間は短くできないと諦めないでください。

 

 

 

先ほどのグラフを見れば分かる通り、忙しい年代ほど睡眠時間は減少しています。逆に暇で仕方ない人ほど睡眠時間は伸びてしまうのです。

 

 

ニートからゲームを取り上げたら外に働きに出るのではなく、一日中寝てしまうという話がありますが、それと一緒です。人間はやりたいことがないと睡眠に逃避してしまうのです。

 

 

 

睡眠を現実逃避の一種として利用している人は要注意です。

 

 

 

まずは質の高い睡眠を取ること。そうすれば自然とやる気と活力が湧いてくるので、長時間睡眠を改善することによって初めて精力的になれると思った方が良いです。

深い睡眠を取りたければこれ!

関連ページ

ほとんどの人がロングスリーパーではない
ロングスリーパーということで悩んでいる人は多いのですが、実際は殆どの人がロングスリーパーではありません。
休日のみ長時間睡眠になる人はロングスリーパーではない
休日だけ長時間睡眠になってしまう人はいらっしゃいます。そういう人はロングスリーパーではなく、睡眠不足症候群である可能性が高いです。
ロングスリーパーに多い性格
ロングスリーパーは基本的に悲観的でストレスを溜めやすい人が多いです。
ロングスリーパーは治せない
ロングスリーパーは治せないのが基本です。しかし、ロングスリーパーだと疑っている人の大半がロングスリーパーではありません。
ロングスリーパーは病気ではなく障害?
ロングスリーパーは病気ではなく障害と言った方が正しいでしょう。なぜならば障害は治せないからです。
ロングスリーパーの治療方法はない
ロングスリーパーの治療方法はありませんが、ほとんどの人はロングスリーパーではないので質の良い睡眠を取れば睡眠時間を短縮することが可能です。
ロングスリーパーを改善することは可能なのか?
ロングスリーパーを改善することは可能なのでしょうか?ロングスリーパーを改善する方法を解説しています。
ロングスリーパーは人口の10%から5%程度
ロングスリーパーは人口の10%から5%程度しかいません。ロングスリーパーだと思っているほとんどの人はロングスリーパーではないのです。
通常の人もストレスを抱えるとロングスリーパーになる!
通常の人も大きなストレスを抱えるとロングスリーパーになってしまいます。
ロングスリーパーは1日10時間以上の睡眠をとる人のことを指す
ロングスリーパーは1日10時間以上の睡眠をとる人のことを指します。しかし、実際は10時間以上の睡眠を毎日必要としている人は少ないのです。