ロングスリーパー,改善,可能,

ロングスリーパーを改善することは可能なのか?

ロングスリーパーを改善することは可能でしょうか?
ロングスリーパー,改善,可能,

 

結論から申し上げると、ロングスリーパー体質を変えるのは不可能です。

 

 

 

 

ただ、ちょっと待ってください!

 

 

「本物のロングスリーパー」であれば体質改善は現代医学だと不可能なのですが、本物のロングスリーパーは日本人の1割程度しかいません。

 

 

つまり、ほとんどの人がロングスリーパーではないのです。

 

 

 

しかもロングスリーパーか否かを判断する基準はまだ分かっていません。病院に行ってもロングスリーパーだと診察されることは少ないのです。なぜならばロングスリーパーの絶対数が少ないからです。

 

 

 

そのため、睡眠時間が長くて悩んでいる人も実際はロングスリーパーではなく、ただ深い睡眠が取れていなかったりストレスを溜め込んで睡眠時間が長くなってるだけだったりします。

 

 

 

 

本物のロングスリーパーの体質を改善することはできませんが、生粋のロングスリーパーではなくて睡眠時間が長い人は睡眠時間を短くすることは可能です。その方法をまとめて紹介させて頂きます。

1.カフェインは摂らないようにする

カフェインの効果は意外と長いです。

 

 

 

昼間お茶を飲んだりコーヒーを飲んだりしている人は要注意! カフェインは10時間以上も効果を発揮するので眠りが浅くなる原因になります。

 

 

 

眠りが浅くなると必然的に睡眠時間が長くなるので、ロングスリーパー体質を改善したければ深い眠りをとるのが大切だと思ってください。

 

 

 

私もよくカフェインを取っていますが、カフェインは本当にダメです。仕事の集中力や意欲が上がるのはとても良いのですが、眠りが浅くなるというデメリットはどうしようもありません。

 

 

どうしてもカフェインが取りたければ午前中にコーヒーを飲むのが良いです。朝コーヒーであれば夜寝るときにカフェインは残っていないのでカフェインの影響はないと考えられます。ロングスリーパー,改善,可能,

 

 

コーヒーやお茶を飲んで良いのは午前中だけ。

 

 

午後は絶対にカフェインを取らない。

 

 

これだけで浅い睡眠を改善することが可能です。個人的な体感では睡眠が深くなるだけで1日の睡眠時間が2時間は短縮できるのでぜひ挑戦してみてください。

2.長時間パソコンやスマホの光を浴びない

これは仕事によっては厳しいかもしれません。

 

 

 

私は一日中パソコンを使用する仕事をしているのですが、仕事柄仕方ないとは言え凄く眠りが浅いです。

 

 

特に一日中パソコンやスマホを使用していると目が痛くなってしまい、眼精疲労が蓄積されるので睡眠時間は長くなってしまいます。仕事柄パソコンを毎日使う人は仕方ないのですが、あまり一日中パソコンを使用するのは良くないです。

 

 

 

私は一日14時間くらいパソコンを使用しています。

 

ロングスリーパー,改善,可能,

 

これだけ機械の光を浴びているとやはり睡眠という観点から見るとよくありません。睡眠時間が長くなってしまうのは眠りが浅いからだと述べましたが、私は眠りが浅いことが多いです。だからマインドガードDXを飲んで深い眠りが取れるように対策しています。

 

 

一日中パソコンを使用する仕事だと改善するのは難しいと思いますが、デスクワークが主となっていない仕事をしている人は寝る前にパソコンやスマホを使用するのをやめましょう。これだけで大分ロングスリーパーを改善することができます。

3.ストレスを溜めないように心がける

ストレスは睡眠時間を伸ばす元凶です。

 

 

といいますか、これが一番大きな原因かもしれません。本物のロングスリーパーは非常にストレスを溜め込みやすい体質で、溜まったストレスを解消するために長時間睡眠を取ってしまうのです。

 

 

 

ストレスは溜まったら発散しなければいけません。

 

 

ショートスリーパーの人は活動的な人が多いのでスポーツをしたり遊びに行ったりしてストレスを解消するのですが、ロングスリーパーは内向的な人が多いから睡眠で解決することが多いです。

 

 

ストレスが溜まって仕方ないときや疲れてどうしようもないときはしっかり寝て良いのですが、睡眠に逃避するとロングスリーパー体質になってしまいます。

 

 

日本はストレス社会なので休みの日はぐったり寝てしまう人が多いと思います。それは別に悪いことではないのですが、ストレスそのものを溜めないように心がければ睡眠時間は短くすることが可能です。

 

 

 

ストレスを溜めたくなければセロトニンを増やしてください。

 

 

セロトニンを増やすことによってストレスに強い体質を築くことが可能です。このセロトニンという脳内物質はストレスによって破壊されてしまうので、セロトニンの原料を意識して摂り続けるのが大切です。

4.セロトニンを増やすためにマインドガードDXを飲む

セロトニンを増やす目的に一番適しているのがマインドガードDXです。

 

 

マインドガードDXはめちゃくちゃ売れている休息サポート飲料なのですが、さすが売れているだけのことはあるなと感じました。私もマインドガードDXを飲んで深い眠りを実現することができました。

 

 

 

セロトニンを増やしたければ肉を食べたりチーズを食べたりするのが良いです。ただ、食生活を改善するのが大変という人はサプリメントに頼った方が効率が良いです。

 

 

 

特にマインドガードDXは寝る前に飲むだけで良いのでロングスリーパーを改善したい人に適しています。

 

 

“睡眠”悩む方にバカ売れ休息ハーブ飲料!?

 

そもそもロングスリーパーではないという可能性が高いので、ロングスリーパーを改善したいと思っている人はマインドガードDXを飲んで安眠を目指してください。

関連ページ

ほとんどの人がロングスリーパーではない
ロングスリーパーということで悩んでいる人は多いのですが、実際は殆どの人がロングスリーパーではありません。
休日のみ長時間睡眠になる人はロングスリーパーではない
休日だけ長時間睡眠になってしまう人はいらっしゃいます。そういう人はロングスリーパーではなく、睡眠不足症候群である可能性が高いです。
ロングスリーパーは治せない
ロングスリーパーは治せないのが基本です。しかし、ロングスリーパーだと疑っている人の大半がロングスリーパーではありません。
ロングスリーパーは人口の10%から5%程度
ロングスリーパーは人口の10%から5%程度しかいません。ロングスリーパーだと思っているほとんどの人はロングスリーパーではないのです。
通常の人もストレスを抱えるとロングスリーパーになる!
通常の人も大きなストレスを抱えるとロングスリーパーになってしまいます。
ロングスリーパーは1日10時間以上の睡眠をとる人のことを指す
ロングスリーパーは1日10時間以上の睡眠をとる人のことを指します。しかし、実際は10時間以上の睡眠を毎日必要としている人は少ないのです。