ロングスリーパー,慎重な性格,メリット,失敗しにくい,

ロングスリーパーは慎重な性格が多いため、物事を失敗しにくい

ロングスリーパーは慎重な性格の人がとても多いです。

 

ロングスリーパー,慎重な性格,メリット,失敗しにくい,

 

 

 

ロングスリーパーの性格の特徴として、「些細なことを気にしやすく、ストレスが溜まりやすい」というものがあります。

 

 

要するにロングスリーパーは内向的な性格の人が多いのです。ロングスリーパーの代表格として知られるアインシュタインも内向的な性格でしたし、「慎重な性格で思慮深い」という特徴があるのがロングスリーパーの長所です。

 

 

 

 

これは長所と言って良いのか分からないのですが、ロングスリーパーの特徴は長所にも短所にもなります。

 

 

 

元が慎重な性格だから物事を深く吟味することができる。だからロングスリーパーは研究職に向いているのです。

 

 

慎重な性格だから「物事を始めるリスク」をしっかり考えることができ、失敗を事前に防ぐことができます。ただ、これが長所と考えるか短所と考えるかは非常に微妙なところです。

 

 

 

なぜならば行動して失敗した方が良いということも多々あるからです。

 

 

 

例えばショートスリーパーの人は行動的な人が多いのですが、その大半の偉人が失敗しています。人間に失敗はつきもので、失敗経験から初めて学べるものがあるのです。

 

 

そのため、失敗を未然に防ぐのが良いことだとは言い切れません。

 

 

 

自分の経験値という観点から見れば、精力的に行動して失敗した方が学ぶことが多いからです。

 

 

 

慎重な性格が良いか悪いか、捉え方は人それぞれです。ただ、性格というものは治しようがないので自分の性格を受け入れていくことが肝心です。

 

 

幸いにもロングスリーパーでも人生で成功しているタイガーウッズが存在します。ロングスリーパーだからといって成功できないというわけではなく、要は時間の使い方が大切なのです。

 

 

タイガーウッズは10時間寝て10時間ゴルフの練習に費やし、1時間は生活のために使い、残りの3時間は自分の好きなゲームをプレイすることに使用しています。

 

 

 

タイガーウッズが成功することができたのは、「睡眠時間が長くても起きている時間を有効に使ったから」です。ショートスリーパーでもロングスリーパーでも時間を有効に使えば成功することは可能です。

 

 

 

ただ、ショートスリーパーの方が睡眠時間が短い分、時間的優位があるのは確かですが……。

 

 

 

ロングスリーパーの人は慎重な性格を活かしてください。慎重な性格を活かせる仕事は科学者や研究者、経営コンサルタントなどが向いています。ロングスリーパーは知的労働に適した人種だと言えるでしょう。

 

 

 

 

ただ、自分はロングスリーパーだと思っている人の大半が実際はロングスリーパーではないため、「精力的に行動すること」を心がければ睡眠時間が短くなることが多々あります。

関連ページ

ロングスリーパーは長時間寝れるからストレスが解消されやすい
ロングスリーパーのメリットの一つとして、ストレスが解消されやすいというものがあります。これは長時間睡眠によって脳を整えることができるからです。