ロングスリーパー,深く思考,現状,疑問視,

ロングスリーパーは現状を疑問視する人が多いからストレスが溜まる

ロングスリーパーは思慮深い人が多いので、現状を疑問視する傾向が強いです。

 

 

ロングスリーパー,深く思考,現状,疑問視,

 

 

現状を疑問視するというのは良い意味でも悪い意味でも解釈することができます。

 

 

現状に疑問視することを良い意味で解釈した場合

 

 

現状に疑問を持つということは、「改善の余地がある」ということになります。

 

 

当サイトをご覧になっている人のほとんどが長時間睡眠でお悩みになっている人だと思いますが、現状を疑問視しているからロングスリーパーに興味を持ってこの記事を閲覧しているのだと思います。

 

 

今のままで良いと思っていたら何も行動なんてしないですから。

 

 

睡眠時間が長い人(生粋のロングスリーパーではない人)は現状を疑問視している人が大変多いです。これは本物のロングスリーパーとの共通点でもあります。

 

 

 

現状に疑問を持つから改善行動へと繋げることができます。現状に疑問を持つだけで「向上心が強い」と言い換えることもできるのです。

 

 

 

現状に疑問視することを悪い意味で解釈した場合

 

 

現状に疑問視するということは、現状に満足できなくてストレスが溜まりやすいという意味に直結します。

 

 

実際にこういう人は大変多く、「現状に満足できない完璧主義思考があるからストレスが溜まりやすい」という捉え方もできるのです。

 

 

 

ストレスが溜まる溜まらないは考え方の問題です。

 

 

 

ロングスリーパーの人は責任感が強いからストレスが溜まりやすいのです。

 

 

ストレスが溜まるから睡眠時間が長くなっているのは間違いのない事実であり、現状に対する問題点ばかり見つめるからストレスが溜まります。

 

 

 

ただ、楽観的な考え方はすぐに身につけることが可能です。

 

 

 

悲観的に思考になるのはセロトニン不足が原因です。セロトニンが不足するとマイナス思考になったり、自分は何をしてもダメだと悲観的になったりします。

 

 

現状を疑問視する人はセロトニンが不足している可能性が高いので、セロトニンを作る原料となるサプリメントを飲んでセロトニン不足を解消してください。

 

メンタルサプリ専門店のセロトニン対策サプリ

 

 

そしたら思考がポジティブになり、ストレスに強くなってロングスリーパーを改善する可能性が生まれます。